吉成夏子の行動や発言内容が最低すぎる!?週刊文春の内容がひどい!


運営会社「AKS」の吉成夏子社長がお抱え週刊誌と言われている週刊文春から山口真帆さんに対しての告発文を出しました。

というか週刊文春の内容というか吉成夏子社長の発言内容もひどいですけど、行動というかタイミングが最低すぎると話題ですね。

 


 
Sponsored Link

 

吉成夏子の週刊文春の行動が最低すぎる!

 

NGTの事件で山口真帆さんはNGTを辞め、研音に所属しました。

その研音から初の写真集が発売される予定となっています。

いや~かわいいですよね。

で、研音移籍後の初のメディア露出が

というように8月27日のTOKYO FM「Skyrocket Company」にゲストとして生出演されました。

それを見計らっていたようなタイミング出したこの週刊文春の吉成夏子社長の記事。

辞めた人を応援することはあってもここまで非難するというか、嫌がらせをするというのはどうなんですかネね?

別の日でも良かったんじゃないか?と思うぐらい最低な行動だと思うんですけど、、、、

もしかしてあれですかね?

むしろ話題を提供して、もっと注目を集めてあげようという親心でやってあげたとか思っているのかもしれませんね。。。

で、この週刊文春と吉成夏子社長の行動だけでも結構ひどいんですが、内容ももっとひどいというか最低でした。

 

Sponsored Link

吉成夏子の発言内容(週刊文春の内容)が最低すぎる!?

 

吉成夏子,行動,発言内容,最低,週刊文春,内容,ひどい

 

週刊文春が出るタイミングが山口真帆さんが研音移籍後初のメディア露出のタイミングという最低なタイミングだったのもそうなんですが、

吉成夏子社長が週刊文春に語った発言内容も最低なんですけどね、、、

あの事件以来、山口さんの親族や新潟県警の人などを交えて、山口さんと合計15時間ほど話をしたが2人きりのときはない。

山口さんとのLINEのやりとりはすべて、直接話した15時間のうち半分は録音も残っている。

ということを前提として、

山口真帆さんによる運営批判や自分がパワハラをしたということについて強く否定しています。

それを世間に発表しなかったのは、言った言わないの話になり山口さんの卒業がさらに遅れるという判断。

自分のLINEを「加害者」と検索したら、山口真帆1件と出たが『私が加害者だ』という文面が残っているだけでその内容ではない。

『不起訴でなければ事件じゃない』は会話の録音を調べたら言っていた。があくまで「世間一般でいえば」という文脈で言っていただけ。

訴えられているわけではないので、自分から世の中に「彼女が嘘をついている」というような証明は出来ない。

しかし、現在起こしている犯人に対する民事裁判では、第三者がいる公の場でこのことも立証できると考えている。

引用:https://nobiciro.com/idol/6815/

また、吉成夏子社長は山口真帆さんが言っていることが、本当であれば、犯人たちが不起訴になったこと納得がいかないそうです。

※ここまでは、まぁ、良いんですけど。

その不起訴になったのは証拠不十分だからじゃないか?

というのと、証拠を出してほしいという山口さんへ依頼するも渋られたので、山口真帆さんが犯人とつながっているんじゃないか?というこの飛躍はなんなんでしょうか、、、(-_-;)

山口さんは『隠蔽されるから証拠は出せない』と拒否。

『もうそれは、コピーでも取っておけばいいし、また隠蔽されたら隠蔽されたってTwitterで呟けばいい』とお願いしたが、拒否を続けた。

吉成社長は『じゃあメンバーに今までは運営の責任だから、もし繋がっている事実があるなら、正直にいったら処分しないかと働きかける』と提案。

『そんなこと言っても本当の事言うメンバーなんていません』と山口さんは反論。

それなら逆に私たちに好都合。今後繋がっていた事実が発覚したメンバーには虚偽の申告をしたということで、処罰の対象に出来る。だから、証拠を出してほしいと再三提案。

しかし、一方で山口さんは『どうしてもその関わっていた4人を解雇して欲しい。そうじゃないと私は戻れません』と主張。

吉成社長は『証拠もないのに解雇なんか出来ない』と答え、両者は結局決裂。

第1回目の公判の直前に、先方の弁護士から連絡が入った。

『和解をしたい。AKSや今いるメンバーに謝罪文を書く。それを公表してくれても構わない。訴えを取り下げてほしい』という提案。

さらに『そもそもAKSや今いるメンバーと争いたくはない。ただ、今回の事件は、事件じゃないのです。僕は、もともと繋がっていたのは山口さんです』という内容が。

しかし、犯人側との関係性を疑われる可能性もあり、AKSは和解はしない。全て裁判で公の場で決着をつけたい。

引用元 https://nobiciro.com/idol/6815/

ということですが、現在山口真帆さんが所属する研音にも取材をされており、

その内容が

犯人グループとのかかわりについては、「そのような事実はございません」

吉成社長が山口から聞いたという「不起訴になった3つの理由」や

「メンバーと犯人たちが繋がっている証拠をもっている」という内容については、

「吉成社長に直接そのような話をした事実はございません」と否定した

そうです。

吉成夏社長が言っていることと真っ向から対立していますね。

まぁ、吉成夏子社長が録音をされているということなのでどちらが嘘をいっているのかはわかると思うんですけどね、、、

単に、吉成夏子社長の希望と犯人たちが山口さんとつながっていたという嘘をついたのが合致してこうなったんじゃないのかな?と思ってしまうんですけど、、、

 

Sponsored Link

 

吉成夏子と週刊文春の内容が最低と話題に?

 

ちなみにツイッターとかでの吉成夏子社長や週刊文春の内容についてのコメントですが、、、

という感じで擁護する声は聞こえてきませんでした、、、(-_-;)

まぁ、裁判で本当のことが明らかになると思うので、その時まで待ちましょうか!

もし、吉成夏子社長のおっしゃっていることがすべて真実であれば、大変申し訳ございません。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

<!--Ads3-->