アスリート

杉浦佳子の出身地は?高校や中学校はどこ?大学は北里だけど薬剤師?

今回は、東京パラリンピックで自転車女子個人ロードレース(運動機能障害C1~3)の日本代表に選ばれている杉浦佳子さんの出身地や学歴について調べてみました。

杉浦佳子の出身地はどこなのでしょうか?

また、杉浦佳子さんの出身小学校・出身高校・出身中学校はどこか調べてみました。

さらに、杉浦佳子さんの出身大学は北里大学だけれど、薬剤師なんですかね。

是非、最後までお付き合いください。


Sponsored Link

杉浦佳子の出身地や出身小学校はどこ?

野口佳子の画像

杉浦佳子さんの出身地は、静岡県掛川市です。

掛川市と言えば、緑茶の生産が非常に盛んな地域です。

掛川市は全国最大規模の緑茶の栽培地として知られており、全国お茶まつりを開催しているほどです。

杉浦佳子さん自身も、幼少期は地元で採れた茶葉から出来たお茶を飲んでいたのではないでしょうか。

掛川市で緑茶は有名であると紹介しましたが、それと同じぐらい掛川茶も大きな知名度を有しています。

掛川茶は、掛川市のセールスポイントの1つとしてお土産などにも利用されています。

このように掛川市はお茶が非常に有名な地域です。

お茶だけでなく、杉浦佳子さんが東京パラリンピックで活躍することができれば、杉浦佳子さんにも注目が集まり、掛川市はより活性化するのではないでしょうか。

是非、彼女の活躍にも注目していたいですね!

杉浦佳子の出身小学校はどこ?

野口佳子の画像

杉浦佳子さんの出身小学校は、掛川市立中小学校です。

掛川市立中小学校

〒437-1405 静岡県掛川市中3080

おそらく、杉浦佳子さんの実家は中小学校の近くにあるかと思います。

と言うのも、基本的に公立小学校に進学する場合、自宅付近の学校に進学することになります。

このことから、杉浦佳子さんの実家は中小学校の近くにあるかと思います。

2021年8月12日現在、杉浦佳子さんの実家が中小学校の近くにあるかどうかは不明ですが、杉浦佳子さんが小学生だった頃、杉浦佳子さんの実家は中小学校の近くにあったかと思います。

杉浦佳子の出身高校や中学校はどこ?

杉浦佳子の画像

杉浦佳子さんの出身高校は、静岡県立掛川西高等学校です。

静岡県立掛川西高等学校

〒436-0054 静岡県掛川市城西1丁目1−6

掛川西高校の偏差値は、62〜66です。

一般的に偏差値の平均は、50と言われています。

このことから、掛川西高校は非常に優秀な学校であると判断できます。

また、杉浦佳子さんの学力は非常に高いと言うことがわかります。

そして、掛川西高校は静岡県内でトップクラスに優秀な高校であるそうです。

そのため、静岡県内から多くの受験生が掛川西高校を受験するかと思います。

おそらく、杉浦佳子さんもその中の1人であったかと思います。

つまり、杉浦佳子さんは厳しい受験に打ち勝ち、掛川西高校に入学することができたということがわかります。

この勝負強さは、アスリートとして活動している現在にも活かすことができているのではないでしょうか。

杉浦佳子さんは、トライアスロン競技に取り組んでいる方です。

トライアスロンは、非常にハードな競技として知られています。

そのため、精神力や勝負強さが必須となる競技でもあります。

もしかすると、トライアスロンで必要な精神や勝負強さは、高校受験で養われたのではないでしょうか。

高校受験が杉浦佳子さんの現在にどれだけ影響を与えているかどうかは分かりませんが、少なからず役に立っているのではないでしょうか。

杉浦佳子の出身中学校はどこ?

杉浦佳子の画像

杉浦佳子さんの出身中学校は、城東中学校です。

掛川市立城東中学校

〒437-1434 静岡県掛川市下土方680

城東中学校は、掛川市内にあることから杉浦佳子さんは地元の中学校に進学したことがわかります。

城東中学校の関係者の方の多くは、杉浦佳子さんの東京パラリンピックでの活躍を多いに期待しているかと思います。

是非、東京パラリンピックでは杉浦佳子さんの活躍を楽しみにしたいですね!

杉浦佳子の出身大学は北里だけど薬剤師?

杉浦佳子の画像

杉浦佳子さんの出身大学は北里大学薬学部です。

実は、杉浦佳子さんは北里大学に入学する以前、薬剤師を目指し東北薬科大学に進学しています。

しかし、妊娠したこため、東北薬科大学を退学。

それでも、薬剤師になる夢を捨てきれず今度は北里大学薬学部を受験。

見事、合格しました。

杉浦佳子の画像

杉浦佳子さんは元々趣味でトライアスロンを行なっていました。

ところが、趣味のトライアスロン中に怪我をしてしまい、その影響で高次脳機能障害を患ってしまいます。

重い障害が残ってしまった杉浦佳子さんは、薬剤師として働くことが難しくなってしまいました。

それでも、薬剤師に対する情熱を失わなかった杉浦佳子さんは、懸命なリハビリの末、薬剤師として再就職することとなりました。

これには、感動する方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

脳が機能障害を患ってしまっては、私生活ですら大変な思いをするかと思います。

しかしながら、それを乗り越え再び薬剤師として働くと言うことは並のことではありません。

この精神力があれば、東京パラリンピックでも十分戦うことが出来るかと思います。

是非、東京パラリンピックで大活躍を果たし、日本国民に元気を与えて欲しいですね!

Sponsored Link

まとめ:杉浦佳子の出身地は?高校や中学校はどこ?大学は北里だけど薬剤師?

今回は、東京パラリンピックで自転車女子個人ロードレース(運動機能障害C1~3)の日本代表に選ばれている杉浦佳子さんの出身地や学歴について調べてみました。

杉浦佳子さんの出身地は静岡県掛川市、出身小学校は掛川市立中小学校であることがわかりました。

また、杉浦佳子さんの出身高校は、静岡県立掛川西高等学校、出身中学校は、城東中学校であることがわかりました。

そして、杉浦佳子さんは一度東北薬科大学に入学したものの妊娠をきっかけに中退し、その後、北里大学を卒業し、薬剤師になったこともわかりました。

それでは、最後までお付き合いいただ頂きありがとうございました。

   
Sponsored Link