バチェロレッテ・ジャパン

下山裕貴の年収や映像作品は?出身大学や離婚理由は何?【バチェラー】


みなさんこんにちは!

今回は下山裕貴さんの年収映像作品、出身大学離婚理由について紹介します。

是非、最後までお付き合いください。


Sponsored Link

下山裕貴の年収は?【バチェラー】

下山裕貴の画像

こちらが下山裕貴(しもやま たかひろ)さんの画像です。

大人気番組、バチェラーの男女逆転版、バチェロレッテに出演している下山裕貴さん。

映像クリエイターとして活動している下山裕貴さんの予想年収は、約800万円〜2500万円かと思われます。

ちなみに、映像クリエイターといっても、アニメ制作やドラマ制作など様々なジャンルに分けることができる映像クリエイター。

下山裕貴さんはアーティストの映像制作に携わっているそうです。

具体的にはミュージックビデオの制作、構成です。

つまり、下山裕貴さんは音楽関係の映像に携わっている方ということです。

次に、下山裕貴さんの働き方ですが、フリーランスとして活動しているのか事務所に所属しているのかは不明です。

これはあくまで私の予想ですが、下山裕貴さんは恐らくフリーランスとして活動されているのではないでしょうか。

大きな理由として、フリーランスは、基本的に自ら仕事を獲得する必要があります。

しかし、映像クリエイターとは恐らく特殊スキル。

そのため、映像クリエイターは人材不足に陥っているのではないでしょうか。

そして、映像クリエイターとして事務所に所属したり会社に入社すると一定の報酬を徴収されることがあるため、一定以上の収入増加が望めない場合があります。

更に、厳しい規則やルールが定められていることもあるため、フットワークが重くなってしまうことがあります。

つまり、収入や働きやすさを踏まえると、フリーランスとして活動する方が圧倒的に効率が良いのではないでしょうか。

最初の年収予想に話を戻しますが、これらの理由で年収は最高で2500万円ほど、最低でも800万円得ているの予想できます。

下山裕貴の画像

下山裕貴さんのプロフィールを確認すると、37歳で職業は映像クリエイター。

キャッチフレーズはアメリカ度ならナンバー1。

アメリカ度ならナンバー1とはどのような意味でしょうか。

ここからはそれについて紹介します。

まず、下山裕貴さんの出身地はアメリカ・ミネソタ州です。

バチェロレッテのインタビューで下山さんは18歳までアメリカで生活していたそうです。

つまり、人生の半分をアメリカで過ごしており、英語は堪能。

今回、番組のヒロインである福田萌子(ふくだ もえこ)さんは月に2回も海外に行くことがあるそうです。

周りの出演者よりも海外経験の豊富な下山裕貴さん。福田萌子さんとの相性抜群かもしれないですね!

Sponsored Link

下山裕貴の映像作品は?【バチェラー】

下山裕貴さんが携わった映像作品をいくつか発見できたので、ここからはその作品を紹介します。

下山裕貴の映像作品画像
1つ目はミュージックビデオです。こちらの作品は下山裕貴さんが撮影アシスタントを務めました。

EVISBEATESさんとラッパーの鎮座さんがフィーチャリングされた楽曲。

題名は「作ってあそぼ」です。

アメリカのミュージックビデオに大きな影響を受けていると思われるこの作品。

18年で培われた下山裕貴さんの感性が盛り込まれているのでしょうか。

こちらは、下山裕貴さんが映像ディレクターとして携わった作品です。

UQIYOさんという音楽ユニットのミュージックビデオで「目日口0」という楽曲です。

アートチックなビデオに仕上がっており、アーティストがどのようなメッセージ性を込めているのか考えさせられる作品です。

Sponsored Link

下山裕貴の出身大学や離婚理由は何?【バチェラー】

下山裕貴の画像

下山裕貴さんの出身大学は慶應義塾大学SFC環境情報学部です

 

SFCとは湘南藤沢キャンパスの略称で、環境情報学部ではネットや情報技術について学んだようです。

下山裕貴さんは大学での経験を活かして映像クリエイターを志したのではないでしょうか。

下山裕貴の画像

話が変わりますが、下山裕貴さんは過去に離婚を経験しており、離婚については相手を大切にできなかったという趣旨のコメントをしています。

下山裕貴さんの詳しい離婚理由は不明ですが、

自由の国、アメリカで生まれ育った下山裕貴さん。もしかしたら、性格も自由奔放で奥さんがついていけなかったのかもしれませんね。

良くも悪くも下山裕貴さんの特徴ではないでしょうか。

まとめ

下山裕貴さんは映像クリエイターとして年収は約800万円〜2500万円。

音楽系の映像クリエイターとして活躍されており、慶應義塾大学SFC環境情報学部出身。

離婚経験があることがわかりました。

バチェロレッテ・ジャパン記事一覧

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。