奥川恭伸の球種や球速(最速)は?投球数や奪三振数が凄い!2019年夏甲子園


2019年8月17日の星稜と智弁和歌山の試合が凄かったですね。

あの智弁和歌山打線を自責点0で抑えた星稜の奥川恭伸投手

その奥川恭伸投手の球種や球速(最速も)を調べてみました。

また、毎年夏になると話題になる投球数問題。

連続登板でどうしても投球数は上がってしまいますが、奥川恭伸投手の2019年夏甲子園の投球数や奪三振数を調べてみました。

ただただ、凄い!

しかし一番の武器は球種や球速よりもコントロールかもしれませんね。

 

Sponsored Link

奥川恭伸の球種や球速は?

 

奥川恭伸投手の画像
 

2019年8月17日の星稜と智弁和歌山の対戦では球速は最速154キロでした。

ちなみに平均の球速も凄く、149.9キロです。。。。

これプロ並みなんですけど(笑)

 

といってもプロの千賀投手は、この日、1回で9点とられたりしますので早ければいいってもんじゃないですけど。。。

また、智弁和歌山でも148キロの投手は池田陽佑投手と小林樹斗投手がいますので、奥川恭伸投手には早いだけじゃない何かがあると思います。

ただ、奥川恭伸投手は延長14回を投げてなので凄いです。

また、最速ということでいうと2019年夏の石川県予選退会で158キロをマークしています。

奥川恭伸投手の球種ですが、

カーブ、スライダー、ツーシーム、チェンジアップ、フォーク

を持っているそうです。

と言ってもすべて使っているか?というと、

スライダー、チェンジアップ、フォーク

が基本のようですね。

しかも、ストレート以上の腕の振りから変化球が投げられるようで、打者はストレートがくると思っていたら、変化球がくるので手が出ません。

Sponsored Link

奥川恭伸の一番の武器は球種や球速でもなくコントロール!?

 

奥川恭伸投手の一番の武器は、そのわかりやすい球速や球種ではなくコントロールだkと思います。

14回を投げ切っても投げミスをしないコントール

外角低めに決められるとなかなか手が出せません。

しかもストレートだけでなく、変化球でもしっかり狙ったところに投げられています。

これが一番の武器ではないでしょうか?

まぁ、球速が平均150キロで、切れのあるスライダーやフォークを投げて、コントロールがよかったら、並みの高校生では打てないような気がしますね。

その為、田中将大投手の再来ではないか?と言われています。

プロに行ってからの田中将大投手もストレートとスライダーとコントロールでバッターを抑えまくってましたね。

Sponsored Link

奥川恭伸の投球数や奪三振数は?2019年夏甲子園

 

ただ、気になるのはやはり怪我ですね。

予選で散った佐々木朗希投手は連投になるのを避けるため?違和感があった?ために決勝を投げずに負けました。

甲子園はどうしても日程が過密でエースは連投することになってしまいます。

アメリカでは肩や肘は消耗品という考えもありますので奥川恭伸投手が怪我をしないことを願うばかりです。

ちなみに2019年夏の甲子園での奥川恭伸投手投球数や奪三振数はどうなっているのでしょうか?

2019年夏の甲子園:奥川恭伸投手の投球数と奪三振数

8/7 94球 9回 3安打 1四球 9奪三振 0自責点
8/13 39球 2.1回 2安打 1四球 3奪三振 0自責点
8/17 165球 14回 3安打 1四球 23奪三振 0自責点

※現時点(2019年8月18日)までの記録

2019年夏予選:4試合、24投球回、防御率1.50、奪三振率15.00、四死球率1.13

ちなみに決勝まで進めば、投球数は

吉田輝星投手は881球

松坂大輔投手は782球

となっていますので、現状だと600球前後にはなりそうですね。

そんな奥川恭伸投手の奪三振ショーをご覧ください。

 

また、やはり世間の評価も凄いですね。

Sponsored Link

奥川恭伸の球速や奪三振数が凄い!ネットの評価まとめ

 

という感じです。

これはこのままいけば2019年のドラフトの目玉になりますね。

あとは、本当に怪我だけしないように気をつけて欲しいものです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link