政治家

茂木敏充議員の嫁や息子の名前や顔画像は?実家も政治家家系?


安倍内閣から外務大臣として実績を上げてきた茂木敏充議員の、嫁や息子について知っている人は少ないと思います。

私の勝手な想像ですが茂木敏充議員はプライベートは謎で、エリート議員で政策通というイメージが強くあります。

そこで茂木敏充議員の嫁や息子の顔画像や名前についてや、実家は政治家の家計なのかを調査していきます。


Sponsored Link

茂木敏充議員の嫁の名前や顔画像は?

茂木敏充の画像

茂木敏充議員の嫁の顔画像については公表されておらず、2人の出会いや馴れ初めなど情報はありません。

ただ、衆議院の選挙報道の際に茂木敏充議員の嫁さんの名前は公表されていました。

その茂木敏充議員の嫁さんの名前は『栄美』さんというそうです。

で、栄美さんで検索すると茂木敏充議員の活動報告に茂木栄美夫人らしき方がいらっしゃいました。

茂木敏充の嫁の画像

引用:https://www.motegi.gr.jp/kokkai/pdf/2020sp.pdf

真ん中の方が茂木敏充議員の嫁の栄美夫人ではないかと思われます。

将来の総理候補との呼び声もある茂木敏充議員なので、嫁の立場は完全に内助の功といった印象を受けます。

政治家は家族の情報を全く公表しない議員も多いので、茂木敏充議員も仕事とプライベートを完全に分けている感じですね。

以前は記者と接するときも上から目線からコメントするなど、人望がないとも言われた茂木敏充議員ですが最近は変わったとの声もあります。

今回の自民党総裁選への出馬を検討していた茂木敏充議員ですが、やはり人望のなさが出馬断念に繋がったとも指摘されていますね。

個人的な意見として茂木敏充議員にはプライベートを公表することで、より親近感が湧いて株が上がると思っています。

せっかく政治家として能力抜群でも人望がなければ、日本のトップとして君臨することは難しいのは言うまでもありません。

また茂木敏充議員は女性の記者だと饒舌になると言われていて、お酒が入ると女性記者の手を握るなど女好きとしても知られています。

大物政治家に女性問題がないほうが不自然な時代も今や昔の話で、近年は女性問題が政治家として命取りになりかねません。

茂木敏充議員の嫁は影で夫を支えているからこそ、多忙を極める外務大臣として仕事に集中できていると思います。

Sponsored Link

茂木敏充議員の息子の名前や顔画像は?

茂木敏充の画像

過去に茂木敏充議員は「息子とキャッチボールする時間を作りたい」と話しているので、現在は大学生くらいだと言われています。

息子とキャッチボールする時間もないほど茂木敏充議員は多忙で、息子さんも父親の仕事を理解していても複雑な気持ちだったと思います。

また息子さんは2018 年に海外留学しているとの情報もありますが、どんな仕事をしているかなど詳細は不明ですね。

茂木敏充議員は政治家になる前からエリート中のエリートで、東京大学経済学部を卒業後にアメリカに留学しています。

ハーバード大学ケネディ行政大学院で修士号を取得し、帰国後はマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社しています。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは世界60カ国に展開し、100以上の支社に9000人以上のコンサルタントを擁する世界的大企業ですね。

コンサルティングファームの中でもトップの入社難易度なので、いかに茂木敏充議員が優秀なのかは伝わるかと思います。

まさにエリートを地で行く茂木敏充議員の秀才ぶりは、大臣として国会答弁を見ていても安定感があります。

茂木敏充議員が外交先で英語で質問に答える姿は、日本の総理大臣になってほしいと思うほどの英語力は圧巻です。

茂木敏充議員は日本の政治家の中でもトップクラスの経歴なので、おそらく息子さんも同じようなエリートかと想像しますね。

Sponsored Link

茂木敏充議員は実家も政治家家系?

茂木敏充の画像

数々の要職を歴任している茂木敏充議員ですが、実家は政治家の家系ではなく自分の力で這い上がってた稀なケースですね。

政治家は世襲が当たり前というイメージも強くありますし、世襲議員じゃないと総理大臣や大臣になることは難しい世界です。

もちろん世襲議員が全て悪いと言うつもりはありませんが、庶民の痛みを理解できない大物政治家もいるのは間違いありませんね。

茂木敏充議員はマッキンゼーの会長だった大前研一さんの推薦を受け、平成維新の会の事務局長に就任しています。

そして1993年に細川護熙元首相が立ち上げた日本新党から公認を受け、見事に衆議院選挙に当選し政治家として歩み出すことになります。

当時の日本新党には現東京都知事の小池百合子さんや、最大野党である立憲民主党党首の枝野幸男さんもメンバーでしたね。

1994年に日本新党が解党した際に新進党結党に参加せず、小池百合子さんらと自民党に入党しメキメキと頭角を現します。

茂木敏充議員は官僚も恐れるほど厳しい人柄で知られ、小さなミスでも厳しく叱責し国会議員からも恐れられているほどです。

経歴や学歴は自民党の中でもトップクラスなだけに、総理大臣の座を本気で狙うなら人望を高めることが絶対条件ですね。

菅義偉総理も秋田のイチゴ農家の長男として生まれ、何のコネもなく総理大臣にまで上り詰めた叩き上げの政治家の代表格です。

茂木敏充議員は総理大臣の激務をこなす能力は十分あるだけに、今後は同志をどれだけ集めることができるかが総理への鍵なのは間違いありません。

まとめ

茂木敏充さんの実家は政治家の家系ではありませんが、数々の要職を歴任しているのは実力があるからにほかなりません。

気になる嫁や子供の情報は少なく詳細は不明ですが、息子がいて現在は大学生ではないかと言われていますね。

日本の政治家の中でも抜群に頭が良いことで知られる茂木敏充議員は、将来の総理大臣候補なのは間違いありません。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。