アスリート

【顔画像】黒後愛の父は大学教授!母もバレーボール選手だった!姉の現在は?

今回は東京オリンピックの日本女子バレーボールのアウトサイドヒッターに選ばれた黒後愛さんの家族構成について調べてみました。

黒後愛さんの父親は大学教授だそうです。

また、黒後愛さんのも元バレーボール選手だったとか。

ちなみに黒後愛さんにはお姉さんがいますが、その黒後愛さんの姉の現在はどうなっているかどうかについて紹介します。

是非、最後までお付き合いください。


Sponsored Link

【顔画像】黒後愛の父は大学教授!

黒後愛の父の画像

こちらが黒後愛さんの父親である黒後洋(くろご ひろし)さんです。

黒後洋さんは、2021年7月9日現在、宇都宮大学の教授として勤務しています。

専門分野は、体育学で同時にバレーボール部の監督も務めています。

宇都宮大学には様々な学部が存在しますが、平均すると50〜60程の偏差値です。

一般的に偏差値の平均は50と言われているため、宇都宮大学の偏差値は比較的高いと言われています。

 

黒後愛の画像

ちなみに、黒後愛さんの父親である黒後洋さんもバレーボール経験者であり、春高バレーの出場経験もあります。

春高バレーとは、全日本バレーボール高等学校選手権大会のことです。

全国の予選を勝ち抜いた高校のみが出場できる大会であるため、簡単に出場することはできません。

そんな春高バレーに出場した黒後洋さんは、非常に優秀なバレーボール選手であることがわかります。

そんな黒後洋さんは、娘の黒後愛さんを幼少期の頃から指導してきたかと思います。

だからこそ、黒後愛さんは、日本トップクラスのバレーボール選手になることができたのではないでしょうか。

黒後洋さんは、2021年7月9日現在も宇都宮大学バレーボール部の学生を熱心に指導しているかと思います。

もしかすると、宇都宮大学から黒後愛さんのような選手が生まれるかもしれませんね!

今後とも黒後愛さん、黒後洋さんの活躍が楽しみですね!

Sponsored Link

【顔画像】黒後愛の母もバレーボール選手だった!

黒後愛の母の画像

こちらが、黒後愛さんの母親で、名前は黒後裕子さんです。

黒後愛さんも黒後洋さんと同じく、元バレーボール選手であり、春高バレーにも出場しています。

黒後裕子さんは、大学でもバレーボールを続けていたようで、筑波大学の女子バレーボール部に所属していたそうです。

筑波大学の偏差値は、55〜65です。

一般的に偏差値の平均は、50と言われているため、筑波大学は平均以上の学力を有している大学であることがわかります。

筑波大学は国立の大学でもあります。

国立大学に入学することは、私立大学に入学するよりも難しいと言われており、偏差値以上に優秀な大学でもあります。

このことから、黒後裕子さんは、学力的にも非常に優秀な方であることがわかります。

そして、黒後裕子さんは、文武両道であるとも言えます。

黒後愛の画像

また、黒後愛さんの両親がバレーボール選手であったことから、これが黒後愛さんにも遺伝したのではないかと考えることができます。

実際、黒後愛さんの両親である黒後洋さんと黒後裕子さんは、春高バレーに出場した経験があるほどバレーボール選手として優秀な方です。

そのため、この優秀なバレーボール選手の遺伝子が黒後愛さんに遺伝したのではないでしょうか。

とは言え、黒後愛さんのバレーボールの技術は、自身の努力の結晶でしょう。

黒後愛さんは、東京オリンピックバレーボール女子代表に選ばられるほどの実力を有しています。

確かに黒後愛さんは、遺伝子によりバレーボールが上手くなった可能性もありますが、それ以上に本人の努力によって技術が向上したということではないでしょうか。

是非、東京オリンピックで躍動する黒後愛さんの姿を見たいですね!

今後とも彼女の活躍に注目が集まります。

Sponsored Link

【顔画像】黒後愛の姉の現在は? 

黒後愛の姉の画像

こちらが、黒後愛さんの姉の画像で、黒後愛さんのの名前は、黒後綾乃さんです。

とても可愛らしい方ですね!

男性からとてもモテるのではないでしょうか。

黒後愛さんの姉である黒後綾乃さんも元バレーボール選手であり、春高バレーの出場経験もあります。

このことから、黒後愛さんの家族は全員バレーボール経験者であることがわかります。

これは、かなり珍しいことではないでしょうか。

姉妹や兄弟で同じスポーツを始める方はいますが、家族全員が同じスポーツをしている方は少数ではないかと思います。

黒後愛の姉の画像

ちなみに、黒後綾乃さんは、バレーボールの強豪、國學院栃木高等学校出身です。

國學院栃木高校は、國學院大学の附属の私立高校です。

また、國學院栃木高校バレーボール部の成績には非常に輝かしく、関東高等学校女子バレーボール大会に39年連続42回の出場を誇り、全国高等学校総合体育大会バレーボール競技には、8年連続32回の出場を果たしています。

更には、全日本バレーボール高等学校選手権大会、いわゆる春高バレーには34年連続35回の出場も誇っています。

あまりの強さに驚いた方もいるのではないでしょうか。

これだけの強豪校であるため、黒後愛さんの姉である黒後綾乃さんは、かなり優秀なバレーボール選手だったのではないでしょうか。

黒後綾乃さんは、高校卒業後、バレーボール選手として詳しい情報がありません。

このことから、黒後綾乃さんは、高校でバレーボールを辞め、大学または専門学校に進学したか、就職した可能性が高いのではないでしょうか。

Sponsored Link

まとめ:黒後愛の父は大学教授!母もバレーボール選手だった!姉の現在は?

今回は東京オリンピックの日本女子バレーボールのアウトサイドヒッターに選ばれた黒後愛さんの家族構成について調べてみました。

黒後綾乃さんの父親は、黒後洋さんで、宇都宮大学で教授を務めていることがわかりました。

また、黒後愛さんの母親は、黒後裕子さんで、元バレーボール選手であることがわかりました。

そして、黒後愛さんのは、黒後綾乃さんで、2021年7月9日現在、専門学校または大学に進学したか、就職したか正確にはわかっていません。

黒後愛の画像
黒後愛はレセプション下手!?スパイクにパワーがあるが技術は上手い?今回は東京オリンピックの日本女子バレーボールのアウトサイドヒッターに選ばれた黒後愛さんの技術面にフォーカスしてみました。 黒後愛さ...

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

   
Sponsored Link