横浜スパークリングトワイライト2019 最寄駅や駐車場は?


花火大会の横浜スパークリングトワイライト2019が、2019年7月13日(土)・14日(日)19:30~20:00に開かれますイベントは11:30~20:15です。

ここでは、横浜スパークリングトワイライト2019 最寄駅はどこか?

アクセス方法についてはどうか?おすすめの駐車場などについて解説します。

 


Sponsored Link

横浜スパークリングトワイライト2019 最寄り駅は?

 

それではまずは横浜スパークリングトワイライト2019の開催場所となる横浜市 山下公園および公園前海上の最寄り駅はどこかしらべてみました。

交通アクセスは、みなとみらい線「元町・中華街駅」4番出口から徒歩3分、

またはJR根岸線「関内駅」から徒歩20分、

またはJR京浜東北線・根岸線「石川町駅」から徒歩15分となっています。

となっています。

 

Sponsored Link

横浜スパークリングトワイライト2019 アクセスの方法は?

 

横浜スパークリングトワイライト2019 アクセスの方法は上記にも地図付きで載せておりますが、

会場へのアクセス方法は、神奈川県横浜市中区 山下公園およびその周辺となります。

横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分です。

会場周辺の交通規制あります(13日13:30~16:00頃、パレード会場周辺)。

パレードが行われる際には車両通行止めになるため、この付近へ車で近づくことは出来ません。

2日間で約38万人の来場者が訪れるため車ではなく電車でのアクセスがおすすめとなっています。

各路線の駅からアクセスもいいので、特に理由がない限りは公共交通機関が便利だと思います。

ただ、それでも帰りは少し遅延が発生するようですね。

 

 

となっていますので早めの動き出しを心がけましょう!

 

Sponsored Link

横浜スパークリングトワイライト2019 駐車場は?

どうしても当日車で行きたいという方に横浜スパークリングトワイライト2019 駐車場について調べてみました。

横浜スパークリングトワイライト周辺のお得な駐車場をご紹介いたします。

まずDパーキング横浜中華街第1【9階・屋上階(全日予約可能) 】(自走式)があります。

営業時間は24時間で最大料金は【全日】\1,500/日です。

場所は、神奈川県横浜市中区山下町240-1です。

こちらは一日借りて1,500円の立体駐車場です。

時間貸しをしていないので、長時間駐車する人に適しています。

周りの道が交通規制されるので、駐車場を利用される人は早めに現地に向かいましょう。

また三井のリパーク中華街東門(自走式)があります。営業時間は24時間です。

※まぁ、ここは前日からぐらいの勢いだと思いますが、、、(笑)

料金は、
【月~金】が08:00-00:00 \300/30分、00:00-08:00 \100/60分です。

【土日祝】が08:00-00:00 \500/20分、00:00-08:00 \100/60分となっています。

最大料金は、【月~金】が入庫後4時間以内\1,500で【土日祝】は最大料金の適用なしです。

場所は、神奈川県横浜市中区山下町59です。

土日祝は日中20分で500円、夜間60分で100円の駐車場です。

収容台数が多いので、比較的利用しやすいと思います。

現金だけでなく、クレジットカードなどや電子マネーも使用できるのが魅力です。

また横浜中華街パーキング【9階+屋上スペース】(自走式)があります。

営業時間は24時間で、最大料金は、【月~金】が\1,296/日、【土】が\2,160/日となっています。

場所は神奈川県横浜市中区山下町94です。

こちらの立体駐車場も日貸しのみなので、長時間駐車する人におすすめです。

平日は1296円、土曜日は2160円で利用することが出来ます。

ただし日曜日は駐車できませんので、注意してください。

また三井のリパーク山下町第10(自走式)があります。

営業時間は24時間で、料金は、

【月~金】が08:00-00:00 \300/30分、00:00-08:00 \100/60分

【土日祝】が08:00-00:00 \400/30分、00:00-08:00 \100/60分となっています。

最大料金は、【月~金】が入庫当日24時まで\1,900となっています。

土日祝は日中30分で400円、夜間で60分100円の駐車場です。

花火会場に近いので、小さい子供がいる人も利用しやすいと思います。

周辺の道が交通規制で通行出来なくなるので、利用する場合は注意してください。

場所は神奈川県横浜市中区山下町28です。

またタイムズステーション横浜山下町(自走式)があります。

営業時間は24時間で、料金は

【月~金】が、08:00-22:00 \300/30分、22:00-08:00 \100/60分で、

【土日祝】が08:00-22:00 \500/30分、22:00-08:00 \100/60分となっています。

最大料金は、【月~金】が当日1日最大料金\1,500(24時迄)で【土日祝】は、当日1日最大料金\3,000(24時迄)です。

驚きは301台も駐車できる立体駐車場です。

土日祝は日中30分で500円、夜間60分で100円、最大料金の設定もあるため長時間停めても安心です。

タイムズならではの付帯設備も充実しています。

ちなみに周辺の交通規制の情報ですが、

2018年の横浜スパークリングトワイライトの交通規制の図になりますがおそらく同じ感じかと思われます。

交通規制の図(横浜市HP)

なので極力は公共交通機関でいかれることをお勧めします。

か、1個前の駅周辺のコインパーキングなどの駐車場を利用しましょう。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す